UC Berkeley Summer Session

東京大学のプログラムで短期留学してきました

GLP-GEfILを知っていますか

GLP-GEfILとは

 

一昨日、本郷キャンパスでGLP-GEfIL参加者選抜の面接を受けてきました。

それに備えて少し勉強をしていたので、更新が滞ってしまいました(…言い訳です、すみません)

 

昨年、GLPの説明会に参加した際に、

「GLP-GEfILの魅力をぜひご友人にも宣伝してください」

と担当の方がおっしゃっていたのを覚えています。

それから1年が経ちましたが、やはりまだ知名度が低いように思います。

 

①メリット

・留学の際に奨学金がいただける

本プログラム卒業要件として、2回の短期留学が要求されます。(日本で行われるプログラムもあるので、正確には留学には限りませんが)

その際、GoGlobalを利用した留学よりも、奨学金をたくさんいただけます。

たとえば、ハーバードのサマースクールの場合、7週間で79万円の奨学金をいただけます。すごいですよね。

詳しくはこちら(http://www.glp.u-tokyo.ac.jp/files/topics/46_ext_11_1.pdf )

 

・世界的に活躍している方と交流する機会がある

第一線で活躍していらっしゃる方をお呼びして、講義を行います。

その際、学生が「〇〇さんとお話してみたい!」という希望を出すことができるので、

学生の力ではとうてい会うことのできないような方を、東大の研究者の方々のネットワークを最大限利用して呼んでいただくことができます。すごい。

 

興味のある方はこちらをご覧になってください!↓

東京大学 | グローバルリーダー育成プログラム

 

 

②デメリット

・ほぼ毎週土曜日に授業が行われる

詳しくはこちら↓

http://www.glp.u-tokyo.ac.jp/files/topics/46_ext_10_1.pdf

土曜日にはずせないバイトがはいっているひと、部活があるひと、は参加が難しいです。うーん。

 

・試験期間

うえのリンクからpdfを見ていただければわかるかと思いますが、GLP-GEfILのスケジュールは、テスト期間が考慮されたものになっています。

しかし、学部によっては試験が被るところもあるとの噂をききました。(もしかしたらサマープログラムの話かもしれない)

事前に、自分の学部のスケジュールを確認するようにしてください。